しみの種類|【たるみや薄毛治療で若返り】評判の良い恵比寿美容クリニックがオススメ!

beautiful clinic.com

しみ治療でコンプレックスの塊を排除

しみの種類

婦人

【年齢の天敵】老人性色素斑

「しみと言えばこいつ」と言われるくらい有名な老人性色素斑。主な原因としては紫外線です。特に若い頃に肌のケアをちゃんとしなかったり、紫外線防止対策を怠ったりすると発生します。出てくる年齢のほとんどが中高年ですが、近年20代でも発生している方も少なくありません。紫外線の当たりやすい頬、手の甲や前腕などにも発生しやすいと言われています。東京問わず全国のしみ治療で一番多い症状と言えます。

【成長期のコンプレックス】雀卵斑(じゃくらんはん)

雀卵斑の読み方は「じゃくらんはん」と言います。あまり聞き慣れない言葉ですが、一般的の認知ではソバカスが有名です。直径約4ミリ前後の茶色い斑点が鼻の周り、頬に多く見られるのが特徴です。年齢も幼少時期から中高生の思春期に良くみられます。遺伝性が強いと言われ、紫外線によって悪化するケースが多々あります。悪化する前にしみ治療を受ける方が多くいます。

広告募集中